起業にレンタルオフィス。弱点は、WEB会議室で補え

OFFICE STORE

WHAT'S NEW

business

弱点の解決

起業する際、各種必要な費用を抑えながらも、充分な規模のオフィスを構えられる、レンタルオフィスには一つの弱点がある。

それは、規模を必要最低限に絞り、かかるイニシャルコストを削減した結果、会議室を持つことができない、という点にある。

社員総勢一名、というような文字通り起業したばかりの新米会社であれば、会議室は不要かも知れない。しかし、経営規模が大きくなるにつれて社員数は増加し、オフィスも広くなる。賃貸の事務所を探して移転する、ということを選ばず、レンタルオフィスをそのまま利用する場合には、やがては会議室が必要になってくるだろう。

レンタルオフィスでは、会議ができない。それが弱点としてある。しかし、その弱点は、克服できないものではない。ただ少し、特別な手順を必要とするだけだ。

手段は二つある。一つは、レンタル会議室を利用する。もう一つは、会議をWEB会議で行うというものだ。特にWEB会議は、余計なスペースを持たない会社のためのスペース、という理念のレンタルオフィスと合致したものだと考えられる。レンタル会議室は、必要な場面でのみ会議室を利用できるという点で非常に便利だが、利用する際には時間に応じた費用を支払わなくてはならないし、そもそもレンタル会議室の用意があるレンタルオフィスを利用する必要がある。

その点、WEB会議はシステムさえ構築してしまえば、いつでも、自由に利用することができる。離れた人とも瞬時につながり、WEB会議を行うことができる。国境を超えて会議を行うことだって可能なのだ。

ここでは、レンタル会議室という面と、WEB会議という面から、レンタルオフィスの弱点である「会議ができない」を解決していく方法を模索していきたい。